板金のレーザー加工とは?メリット・用途

Ngày đăng: 2024/02/03 8:00:45 AM | 2 Lượt Xem

板金のレーザー加工は、金属製造業界を革命化し、高い精度、速度、および柔軟性を提供しています。この先進技術は、自動車や航空宇宙から電子機器、建設まで、さまざまな産業で基盤となっています。 

1. 板金のレーザー加工とは?

板金のレーザー加工は、高い精度と先進技術を備えた金属加工プロセスであり、レーザーテクノロジーを利用して板金材料を所望の形状、サイズ、パターンに切断および形成する方法です。この方法は、複雑なデザインを実現し、厳密な寸法を維持し、高い効率をもたらすため、さまざまな産業で広く利用され、好まれています。

2. 板金のレーザー加工の種類

  • CO2レーザー:媒質が二酸化炭素のレーザーを利用して材料を切断します。ステンレス鋼、アルミニウム、軽量鋼など、さまざまな種類の材料を切断するのに適しています。通常、厚い材料の切断に利用されます。
  • ファイバーレーザー:光ファイバーを利用して金属を切断します。高い切断速度と効率を提供し、特に薄いから中程度の厚さの金属に適しています。通常、ステンレス鋼、アルミニウム、他の金属の切断に利用されます。
  • ハイパワーレーザー:高出力レーザー光線を利用して厚い材料を切断します。通常、より厚い金属を処理する産業用途で利用されます。
  • パルスレーザー:連続しないレーザーパルスを利用して切断します。熱に敏感な材料であり、切断プロセスを正確に制御する必要がある場合に適しています。

3. レーザー加工が可能な素材

レーザー加工の主なメリットの1つは、それがほぼすべての素材を切断できることです。金属から木材、一部のプラスチックに至るまで、レーザーはさまざまな厚みの材料を切断できます。一般的には、鋼鉄、ステンレス鋼、アルミニウム、チタン、銅などの金属がレーザーによって切断できる典型的な素材です。

3.1. ステンレス 

ステンレス(特にSUS 304および316の種類)は、レーザー加工プロセスにおいて最も一般的な選択肢の一つです。ステンレスには大量のクロムが含まれており、これにより材料は高い耐食性、強度、堅牢性を持ち、さらには耐候性があり、屋外での使用にも適しています。これにより非常に滑らかなエッジと小さな曲がり半径のカットラインを実現できます。

3.2. 鋼 

現在、最も一般的な鋼の種類は、炭素の量が約0.05〜0.25%の範囲にあるものです。これは、高強度が要求されない場合に、レーザーで構造、サポート、および一般的な製造を切断するための標準的な選択肢です。炭素鋼は、費用対効果の高い素材であり、良好な加工性、溶接性、柔軟性、および相対的に低い引張強さを持っています。炭素鋼は安価で形成しやすい一方で、レーザーでの切断作業を難しくする傾向があります。

3.3. アルミニウム 

アルミニウムは軽量で、レーザー加工プロセスを効果的に実行できる金属です。一部の種類、たとえば5052や6061などの熱処理が難しいものも、広くレーザー加工されています。アルミニウムは通常、電子ケース、宇宙航空構造、自動車、および家電製品の外殻などに利用されます。金属用のあらゆる種類のレーザーカット機において、アルミニウム表面の傷は避けられないものです。この場合、材料表面の鋭いエッジや硬い摩擦を避けることが解決策となります。また、透明な研磨剤または軽い油を表面に使用することで、表面を保護することができます。

3.4. チタン 

チタンは切断が難しい素材であるが、レーザー加工は精密かつ複雑な切断に利用することができます。その高い強度と軽量性から、チタンは一般的に航空宇宙、医療、船舶、および自動車の用途で利用されています。

3.5. 銅 

銅は優れた電導性で知られており、電気および配管システムの用途で利用されています。それは効果的にレーザーで切断できますが、それらの熱伝導率のために、より高い出力のレーザー光線が必要かもしれません。銅の変色に関する問題は、光ファイバーレーザーを利用することで最小限に抑えることができます。この金属がレーザー加工方法で利用されると、通常、電気コンタクトや熱交換器などの用途で利用されます。

4. 板金のレーザー加工のメリット

  • 高い精度と詳細さ:板金のレーザー加工は、高い精度を実現し、複雑で繊細な特徴を持つデザインを作成することを可能にします。
  • 材料処理の柔軟性:レーザー加工は、鋼鉄、アルミニウム、ステンレス鋼、黄銅、および銅など、さまざまな種類の板金に適用できます。
  • 効率と速度:このプロセスは速さと効率で知られており、迅速なサイクルタイムと製造における生産性向上を可能にします。材料の廃棄物を削減:レーザー光線の焦点化により、材料の無駄を最小限に抑え、コストを節約し、持続可能な製造プラクティスに貢献します。
  • 非接触カッティング:レーザーカッティングは非接触プロセスであるため、物理的な圧力が最小限で、薄いまたは脆い材料に適しています。

5. 板金のレーザー加工の応用

  • 自動車産業:レーザー加工パーツは、自動車産業で広く利用されており、車体パネル、シャーシ部品、および排気システムなどの用途に利用されています。
  • 宇宙航空および航空産業:航空宇宙産業は、厳格な要件を持つ航空機部品を製造するためにレーザーカットの精度を活用しています。
  • 電子およびテクノロジー:レーザー加工された部品は、電子機器で利用され、ケース、サポート、および冷却部品などを製造するために活用されています。
  • 建築およびデザイン要素:金属板のレーザー加工は、建築コンポーネント、デコラティブな要素、およびカスタムデザインを作成するために利用されています。

板金のレーザー加工は、金属上に高度な複雑な切り込みを効率的に作成するためのプロセスであり、高い精度を提供します。それは多くの種類の材料に適しています。ただし、レーザー加工機器には初期投資がかかるため、金属切断サービスを外部に委託することは合理的な選択肢です。もちろん、板金を切断するためのレーザー加工の代替選択肢には、EDMサービス、CNCフライス盤、穴あけ、ウォータージェットカット、プラズマカットなどがあります。製造ニーズに応じて選択できます。

「製品品質の向上 – コストの最適化 – 配達スケジュールの確保」をお探しているお客様は、気軽に当社にご連絡くださいませ。

—————————

アンテックベトナム ‐ 精密機械加工

お問合せ先:

工場:Ha Noi市、Hoai Duc区、Kim Chung村、 Lai Xa工業団地、第6ロット

電話: 0968.116.229 – 086.998.2628

メール: khoi.pd@anttekvietnam.com

ウェブサイト: https://anttekvietnam.com

Tin liên quan