産業用IoT – インダストリー4.0のアイディアの源

Ngày đăng: 2023/10/31 11:42:31 AM | 10 Lượt Xem

産業用IoT(IIoT)は、インダストリー4.0の中心として取り組まれます。IoTはスマートマシンの力を活用し、リアルタイムでデータを収集し分析して、多年にわたって生成したデータをより効果的に利用します。IoTは主にスマートマシンでコントロールされます。スマートマシンはリアルタイムでデータを収集し分析します。これは人間が行うことのできない作業です。次に、スマートマシンはその情報を迅速かつ効率的に伝えることができ、より早くかつ正確な指示を可能にします。

1. 産業用IoTとは? 

産業用IoT(IIoT)は工場や産業処理、産業建築の中で設備・機械をインターネットに接続し、革新の目標でデータを共有するネットワーキングデバイスのことです。工業分野には、多くのIoTアプリケーションが活用され、これらは企業が生産性を向上し、コストを最適化し、利益を増加させるためにますます産業用IoTを導入するように促進しています。

産業用IoTとは?

2. 産業用IoTのメリット

2.1. リモート管理・遠隔操作

産業用IoTのアプリケーションの一つは、装置の自動管理に関連しており、会社のすべてのプロセスを管理することが可能です。

デジタル機器とソフトウェアを通じて遠隔から装置を管理し、さらに異なる地理的位置にある工場を運営できる能力も整備されます。これにより、企業は生産プロセスのリアルタイムで情報を可視化し、同時に過去のデータを分析する能力を持つようになります。このデータの収集と活用の目的は、プロセスの改善を支えて、情報に基づき意思決定を促す環境を作り出すことです。

リモート管理・遠隔操作

2.2. 予知保全

予知保全には、設備の劣化状態を予め把握または予知して生産プロセスを停止させることが含まれており、そのためにデータ収集、分析、および管理システムを開発することが必要があります。このシステムは、産業界で最も効果的なIoTアプリケーションの一つであり、センサーを介して動作します。これらのセンサーは、機械に取り付けられ、IoTプラットフォームに接続された後、リアルタイムデータの異常値を発見するがと警告を送信できます。

例えば、ロボットや機械を監視するセンサーは、データをプラットフォームに送信し、リアルタイムで受信したデータを高度なアルゴリズムを適用して、高温や通常の設定値を超える振動などの警告を発行できます。

予知保全

2.3. 改革の推進

産業用IoTは産業のビジネスモデルにおけるプロセスエンジニア、品質管理、生産管理エンジニアなどプロセス改善を担当する人がデータにアクセスし、より迅速かつ自動的にデータを分析できるようにし、遠隔から必要なプロセス調整を行うことができる有用な情報を提供します。これにより、過去に比べて変更や改善を迅速に導入でき、ビジネスインテリジェンス(BI)の向上に貢献します。これらの変更は、多くの産業企業に競争上の優位性をもたらすものとなっています。

改革の推進

2.4. 在庫管理 

産業用IoTを活用するのは自動的に繰越商品を監視したり、計画を順調に進めるかどうか確認したり、異常が発生した場合に警告したりすることができます。また、これは連続的かつ効率的な作業プロセスを維持するための不可欠なIoTアプリケーションでもあります。

在庫管理

2.5. 品質管理 

産業用IoTの最も重要なアプリケーションのもう1つは、製造された製品の品質をいかなる段階でも監視できる能力です。これは、原材料から製品の輸送方法(スマートトラッキングアプリケーションを介して)および最終的な顧客の反応までを含みます。この情報は企業の効果を調査し、製品の製造プロセスで必要な変更を特定するために非常に重要です。欠陥を発見した場合、プロセスを最適化し、生産ラインで問題を間に合う検出することが目的です。また、これは製薬や食品産業などのよな産業でのリスクの予防に必要なものである信頼を得ました。 

品質管理

2.6. サプライチェーンの最適化

工業用IoTアプリケーションの中で、さらなる効率を実現するための能力として、リアルタイムでサプライチェーンの状態を伝えることが挙げられます。これにより、様々な潜在的な改善の機会を発見したり、どの問題がプロセスを非効率的または不利益なものにしているかを指摘したりできます。

サプライチェーンの最適化

2.7. 労働環境における安全性向上

工業用IoTは工場の状況に関するリアルタイムデータを収集できます。設備の故障、工場の空気質、1業務上疾病発生状況などの指標を監視することにより、労働者に潜在的な危険を防ぐことができます。これにより、施設内の安全性を強化し、生産性と従業員のモチベーションも向上させます。さらに、企業の安全管理の不備に起因する経済的コストとレピュテーションリスクを最小限に抑える有利点もあります。

3. 具体的な産業用IoTの活用事例

産業用IoTは工場、生産、および鉱業、航空、石油・ガス、電力などの重工業部門

と深い関係を築きます。さらに、農業、物流、金融、医療(病院や医療機関)などの分野でも適用されています。

以下に産業用IoTの活用事例を挙げます。

  • スマート工場および倉庫
  • 予知・リモート保全
  • 輸送・貨物の監視
  • 物流
  • スマート照明・グリッド
  • スマートエコソリューション
  • スマートシティアプリケーション
  • スマート農業技術
  • 産業用制御システムのセキュリティ
  • エネルギー消費の最適化
  • 産業用暖房、換気、および空調システム
  • 監視システム
  • 資産・物流のスマートモニタリング
  • 産業環境でのオゾン、空気、および温度の監視
  • 労働者の安全と健康のモニタリング
  • 資産パフォーマンスの管理
  • リモートサービス、現地サービス、リモートメンテナンス、およびリモートコントロール
具体的な産業用IoTの活用事例

工業用IoTはインダストリー4.0のイニシアティブにおける基盤技術であり、センサー、スマート伝動装置などを活用して、人間、製品、プロセスを結びつけ、デジタル変革を推進するためのツールです。工業用IoTプラットフォームを活用することで、企業は新たな方法で産業データを収集、モニタリング、分析し、効率を向上させ、収益の最大化やコスト削減などを実現します。

Tin liên quan