精密機械加工において形状偏差

Ngày đăng: 2024/01/03 1:13:23 PM | 4 Lượt Xem

精密機械加工は製造業の中で鍵となる役割を果たしており、さまざまな用途に適した複雑で精密な部品を生み出すことを確実にしています。しかし、先進技術と注意深いプロセスにもかかわらず、形状偏差が依然として発生する可能性があり、これは最終製品の品質と機能に影響を与えることがあります。

1. 精密機械加工における形状偏差の種類 

製造業において、精密機械加工における製品形状偏差を分類することは非常に重要であり、多くの異なる問題を理解し解決するために必要です。

1.1. 平面度の偏差

平面度の偏差は、表面の平坦度に関する異常または変動を指す幾何偏差です。精密機械加工では、特に厳密な許容差が必要な部品において、平坦度を達成し維持することが非常に重要です。平面偏差は、実際の表面の断面と理論的な完全平面との比較によって測定されます。

1.2. 真直度の偏差

真直度の偏差は、完璧な真直からの線形特性のずれという幾何偏差を指します。精密機械加工では、真直度を達成し維持することが非常に重要であり、特に線形調整が重要な要件である部品に関してはその重要性が高まります。

1.3. 円筒度の偏差

円筒度の偏差は、精密機械加工において軸の形状および特性の目標技術仕様に対する偏差を指します。円筒の特性は機械部品の中でよく見られるもので、例えば軸、ピン、および軸受などが該当します。正確な円筒の形状を達成し、維持することは、より大きな機械システムの正常な機能を確保するために必要です。

1.4. 真円度の偏差

真円度の偏差は、精密機械加工の重要な側面であり、円形の特徴の変化を指します。円形の特に軸受、軸、および他の回転部品では、小さな誤差でも性能に影響を与える可能性があるため、真円度を達成し維持することが特に重要です。

1.5. 面の輪郭度の偏差

面の輪郭度の偏差は、モノの形状や輪郭がその縦軸に沿って変化することを指します。精密加工において、望ましい形状を維持することは、軸、レール、または梁などの部品にとって非常に重要です。規定の構成からの偏差は、部品の機能や性能に影響を及ぼす可能性があります。

精密機械加工における形状偏差

2. 形状偏差の原因 

2.1. 工具の摩耗と破損

形状偏差の主な原因の一つは、加工プロセス中の工具の摩耗または破損です。切削工具がワークピースと相互摩擦すると、徐々に摩耗して、加工の精度に影響を与えます。一方で、工具の破損は加工プロセス中に急激な変化を引き起こし、望まれない形状変化をもたらす可能性があります。

2.2. 材料の不一致

精密加工で使用される材料は、硬度や成分などの特性に変動がある可能性があります。これらの不一致が材料の不均一な取り外しを引き起こし、形状偏差を引き起こす可能性があります。このような変動を最小限に抑えるためには、材料を検査し適切に選択することが非常に重要です。 

2.3. プログラミングのエラー 

加工プロセスは通常、コンピュータ数値制御(CNC)プログラムによって制御されます。プログラムの段階でのエラー、例えばツールパスや送り速度の誤りなどは、形状偏差を引き起こす可能性があります。実際の加工前に慎重な検査と模擬することで、これらの問題を特定し修正するのに役立つことがあります。

3. 精密機械加工における形状偏差を抑える方法

3.1. 工具の頻繁に検査・交換 

積極的な工具メンテナンス戦略の実施は、摩耗と工具の破損を最小限に抑えるために非常に重要です。定期的な検査と劣化または損傷した工具の迅速な交換は、形状の大きな偏差を軽減する効果があります。

3.2. 材料の品質の検査 

厳格に品質基準を遵守し、注意深く検査することは、材料に関する一貫性のない点を特定し、解決するのに役立ちます。材料さサプライヤーとの緊密な協力と内部品質検査の実施は、材料の一貫性を確保するために必要な手順です。

3.3. 機械の校正 

装置を定期的に校正し、振動減衰技術を実施することは、形状偏差に与える影響を最小限に抑えるのに寄与します。機械を最適な状態に保ち、振動がないように確保することは、精密加工には不可欠です。

3.4. プログラミング 

CNCプログラミングと実際の加工の前に、時間を投資して入念に模擬することは、プログラムのエラーを特定し修正するのに役立ちます。これには、ツールパスの確認、送り速度、および他のパラメータの確認が含まれ、正確かつ一貫した加工を確保するためです。

———————————————–

アンテックベトナム ‐ 精密機械加工

お問合せ先:

精密機械加工において精度を確保することは、各段階での細部への十分な注意を要する複雑なプロセスです。一般的な形状偏差を引き起こす原因を理解し、効果的な解決策を実施することによって、製造業者は精密機械加工された部品の品質と信頼性を向上させることができます。継続的な改善、定期的なメンテナンス、品質管理は、精密機械加工の領域で精度を追求する上で重要で決定的な要因です。

Tin liên quan