美しい表面をもつ液体窒素浸漬

Ngày đăng: 2024/01/06 8:00:13 AM | 4 Lượt Xem

機械製品の表面処理の分野において、液体窒素浸漬は金属部品の表面特性を向上させるための専門的で効果的なプロセスとして際立っています。この熱拡散処理法は通常、航空宇宙、自動車および工具産業で使用され、金属に優れた硬さ、耐摩耗性、および耐食性をもたらします。

1. 液体窒素浸漬とは?

液体窒素浸漬は、窒素と炭素を金属表面に拡散させるプロセスです。これは、通常鋼種などの金属材料に対して行われます。液体窒素浸漬は通常、高温の浸漬槽中で行われ、温度は通常500から580℃(932から1076℉)の範囲です。液体環境にはアンモニアや他の窒素豊富な化合物が含まれ、金属表面の窒素吸収に適した環境を作り出します。

2. 美しい表面をもつ液体窒素浸漬の工程

  • 準備:液体窒素浸漬処理前に、金属表面に付着している汚れ・油を落とすことで液体窒素浸漬の最適な結果を確保します。 
  • 加熱:各加工部品は普通に特定の鋼材に適する望ましく特定の温度に上がった環境に置かれます。 
  • 液体窒素浸漬槽:加熱された部品は、アンモニア(NH₃・N₂)を加えた槽に浸漬されます。ここで、鋼材と窒素との相互化学反応によって窒素と炭素を拡散させます。 
  • 冷却:拡散が終わった後、各加工部品は冷却され、特性を高めるために焼け入れ・焼きなましといった熱処理などの後処理が行われます。

3. 液体窒素浸漬による外観変更

金属表面が液体窒素浸漬と接触し拡散されると、その形状や性質にいくつかの変化が生じる可能性があります。以下は液体窒素浸漬による影響です:

  • 色の変化:金属表面は一時的に色が変わることがあります。この変化は通常、薄い層が形成されることによるものであり、金属の種類によって異なる影響があります。
  • 凍結の形成:液体窒素浸漬で急速に冷却すると、金属表面に含まれる湿気が凝結して白く濁った層を形成することがあります。
  • 表面のはがれやすさ:液体窒素浸漬の極端な低温は、表面の機械的特性に影響を与え、ひび割れやはがれを引き起こす可能性があります。
  • 収縮:金属は液体窒素の極端な低温を吸収することで収縮し、それによって材料全体の形状やサイズに変化が生じる可能性があります。

4. 液体窒素浸漬によって表面が黒くなる

液体窒素浸漬は通常、表面の黒い変色を引き起こしません。でも外観が黒く見える場合、それは特定のプロセス条件、材料組成の変化、または窒素浸透後の処理方法に起因する可能性があります。例えば、後処理プロセスである通常「ブラックオキサイド」と呼ばれる黒染め処理が、液体窒素浸漬の後に表面に暗色または黒色の層を形成するために適用されることがあります。この後処理は、耐食性、外観の向上、そして時折摩擦係数の向上など、いくつかの目的に役立ちます。

黒染めは、金属表面に酸化鉄(II,III)(Fe3O4)の層が監視された化学反応によって形成される結果です。この層は黒い外観をもたらすだけでなく、材料の耐食性を向上させます。これは一般的に、鋼などの非鉄金属に使用され、機能性と美的な特性を向上させるために利用されます。

したがって、黒染めの後に窒素を浸透させることで、材料表面に見られる黒い外観は価値のある結果であり期待されています。このプロセスの組み合わせによって、表面硬度と窒素の浸透による耐摩耗性が向上し、それに加えて次の酸化プロセスによる耐腐食性と外観が向上します。


5. 液体窒素浸漬のメリット

  • 硬さ:液体窒素浸漬は、処理された表面の硬さを著しく向上させ、摩耗抵抗性を強化します。特に、歯車、軸、および切削工具など、摩耗条件下にある部品にとって有利です。
  • 耐摩耗性:液体窒素浸漬プロセス中に表面に生成される化合物層は、処理された部品の耐腐食性を向上させ、厳しい環境での耐久性を向上させます。
  • 寸法安定性:液体窒素浸漬は通常、処理された部品の変形を最小限に抑え、他の表面処理法よりも優れた寸法安定性を確保します。
  • 摩擦特性の向上:処理により表面の潤滑性が向上し、摩擦特性が向上します。これは摩擦を減少させ、滑り特性を向上させる必要がある用途においてメリットとなります。

—————————

アンテックベトナム ‐ 精密機械加工

お問合せ先:

液体窒素浸漬は、柔軟な表面処理手法であり、多くのメリットをもたらし、処理された金属部品の寿命、耐久性、およびパフォーマンスを向上させるのに証明されています。各産業が優れた特性を要求し続ける中で、液体窒素浸漬の応用は、さまざまな製造分野で高度な表面特性を追求する基盤として機能する傾向があります。

Tin liên quan